ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.03.12 Monday

和歌山市和歌山城天守閣前売店 改修設計2

和歌山城天守閣前の売店は工事が完了しています。

少し色味の濃い部分もありますが完成予想パースのとおりに!

売店としての営業はもう少し先になります。

 

完成したばかりの建物は暖簾やベンチが置かれ、観光客で賑わうのを心待ちにしているようです。

 

内部も改修とは思えない仕上がりになっています。

また営業開始されてから撮影に行き、ブログにUPしますので楽しみにしておいてください。

2018.03.03 Saturday

和歌山市青少年国際交流センター 社会教育施設設計3

現場は解体工事も完了し、本体工事に着工しています。

ボーリング調査データと実際が大きく相違し、大幅に杭工事に時間がかかってしまっています。

工程にもかなり影響していますが、何とか杭工事が完了。

 

2018.03.01 Thursday

和歌山市和歌山城天守閣前売店 改修設計1

和歌山城天守閣前の売店が改修されます。

和歌山市民なら一度は訪れたことのある建物!

法律上、建替え不可の場所で、改修することしかできないというところからプロジェクトはスタートしました。

 

現在の建物も趣きがありいい感じです。

その面影を残しつつ改修できないかという事を考えの計画を進めて来ました。

当初、屋根裏や基礎部の調査を行い、かなり老朽化していることが分かりました。

構造的にも現法に合致させ、新たな売店としての機能や佇まいを創出出来ればと想いを込め設計しました。

 

外観に関しては、数十パターンのファサード案を提案しました。

木質感があり、天守閣前に相応しい建物となるよう設計しています。

 

現在、工事中で今年にはオープンの予定です。

 

現在の売店

 

改修後イメージ

2018.01.31 Wednesday

和歌山市次郎丸 保育所設計・監理4

現場は足場がとれ外観が確認できます。

白を基調とした、シンプルな外観です。

 

内部も内装工事が着々と進んでいます。

 

そして1月24日から1月26日に和歌山工業高校からインターンシップの学生が事務所に来ています。

初日と二日目は事務所内でCADの練習をしてもらっています。

 

ずっと事務所での作業も辛いかと最終日に現場見学に!

何かの参考になればと

 

配置等を図面を基に配置を確認したり、仕上材料や法規についても軽くレクチャーしました。

短時間だったのでどこまで勉強になったのかは分かりませんが、今後の学生生活に役立ててくれればと思います。

そして、将来は設計の仕事についてくれればと願っています。

2018.01.01 Monday

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
2018年もどうぞよろしくお願い致します。

 

2017.12.12 Tuesday

和歌山市西保健センター等複合施設 図書館付き保健所設計9

NICHIHA SIDING AWARD 2017 で、設計した「河西ほほえみセンター」がニチハ賞を受賞しました。
この物件に御協力頂いた方々に感謝すると共に、来年からもより一層良いものを創っていけるように精進していきたいと思います。

 

2017.11.30 Thursday

和歌山・南大阪 24人の建築家のサイト

和歌山・南大阪 24人の建築家のサイトがオープンしています。

「わかやまの建築家 家づくり本」の企画の一部として、サンケイ広告さんプロデュースの建築家24人につながるポータルサイトとなっています。

 

 

 

和歌山・南大阪 24人の建築家のサイトはこちらから!!

2017.11.09 Thursday

和歌山市次郎丸 保育所設計・監理4

10月、悪天候の期間が長かったため少し時間がかかりましたが、本日快晴の中無事に上棟の日を迎えることができました。

無数の屋根トラスの間から覗かれる青空と、造り出される複雑な光と影は、とても綺麗で心地良かったです。

 

 

 

1階の廊下の窓は園児の使い勝手と、排煙設備という法律の問題を考慮し高さを変えてデザインしています。

光の入り方や景色の見え方が面白いです。

 

 

1歳から3歳児の園児が利用するトイレは、保育室から中の様子がわかるように開口が設けられています。

空間が一体的に連なって見えます。

 

 

工場でミリ単位にチェックされ加工された木トラスが455ピッチで並びます。綺麗に整列して並んでいるので、

意匠的で天井の中に隠してしまうのがもったいないぐらいです。

 

 

建て方時の様子です。工場製作されたパネルをクレーンで吊って組み上げていきました。1枚のパネルがとても大きいです。

現場の方々も細心の注意を払って取り組んで下さり、大きな問題もなく進みました。

 

 

2017.10.16 Monday

和歌山市次郎丸 保育所設計・監理3

先日、岸和田の工場へ木構造壁パネル・トラスの製品検査兼見学会に行ってきました。

初めての工法の為、現場監督も含め大人数の参加となりました。

 

工場内は事故防止のため、蛍光テープ付きジャケットとヘルメットの着用が必須です。

 

今回の建物は大きな架構のため、2X4、2X6材でトラスを組み、大断面の梁をつくります。

手作業で金物を取り付け、施工誤差をミリ単位でチェックしていきます。

このトラス梁により、保育室のような大空間が可能となります。

 

 

 

本来なら壁パネルも機械による流れ作業での製作となるのですが、今回は階高が高く機械におさまらない為、手作業で製作していきます。

 

工場内で釘の種類、ピッチ等を入念にチェックし、現場へ搬入されます。

色分けされた釘により、釘の長さが管理されています。

 

最後に断熱材をサンドイッチした屋根パネル材を紹介していただきました。

 

はじめに事務所で施工要領・計画書、壁パネル・トラス製品検査計画書の説明を受け、その後工場内で実物確認を行ったのでスムーズに検査が出来ました。

2017.09.30 Saturday

「わかやまの建築家 家づくり本2017」

「わかやまの建築家 家づくり本」が9月29日(金)県内主要書店で発売されました。

 

巻頭の特集では「建築家とかなえた自分スタイルの暮らし」と題して、町と自然と共生できる家で『三葛の家』が掲載されています。

 

また表紙にも『三葛の家』を選んでいただきました。

 

実例の記事には『土佐町の家』が連箱の家として紹介されています。

 

「わかやまの建築家 家づくり本2017」(価格500円、A4変形判、オールカラー72 蓮墨族了蓋内、大阪・岸和田市以南の主要書店で発売されています。

Powered by
30days Album
PR