ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2019.01.05 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2019.01.01 Tuesday

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
2019年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

2018.12.28 Friday

和歌山市青少年国際交流センター 社会教育施設設計4

基本設計した青少年国際交流センターが竣工しました。

工事中は色々な工事との取合いで難しい部分が有ったり、杭長が設計図と現場とで大きく相違していたりで、工程が遅れていましたが、12月16日にようやくオープンしました。

 

市報わかやま12月号にて紹介されていますので、是非ご覧ください。

 

今年も設計に監理に忙しい1年でしたが、来年も色々な設計・監理業務に携われるように頑張っていきます。

来年も宜しくお願い致します。

2018.12.17 Monday

和歌山市山口 幼保連携認定こども園設計・監理11

// 本体建物の施工がほぼ完了しました//

内装クロス・床材の一部未施工部分はありますが、ほぼ工事が完了しています。

監督さん・職人さん一体で頑張っていただいたので、工程の遅れもなく順調です!

 

年内は区切り良く外構工事まで完了し、年明けからは検査が始まります。

2018.12.05 Wednesday

和歌山市次郎丸 幼保連携認定こども園設計・監理6

じろうまるこども園を事務所サイトの過去の実績紹介にUPしました。
こちらからご覧ください!

 

 

2018.11.07 Wednesday

和歌山市山口 幼保連携認定こども園設計・監理10

// 防水工事・内装ボード貼工事完了//

 

前回記事のアスファルト防水が完了し、押えコンクリートの施工も完了しました。

かわいらしい足洗い場も出来ました!

 

内部も壁のプラスターボード貼、天井の岩綿吸音板も綺麗に施工されています。

 

 

// 内装クロス選び!//

 

ボード貼も完了し、設計者として内装クロスを選定しクライアントへのプレゼンを行います。

小さなサンプルではイメージしにくいので、現場に無理を言い大判のクロス見本を取っていただきました。

ここから各部屋に貼るクロスを検討していきます。

どんな風に仕上がったか、出来上がりをお楽しみに!

2018.10.24 Wednesday

和歌山市野崎 保育所設計・監理6

// 設計検査を行いました! //

 

前回の記事から長らく更新できてませんでしたが、現場は建物本体が完成しています。

本日は設計検査として現場内を入念に確認してきました。

 

既存園舎の園庭に有った樹木を可能な限り保存し、内装材も木材を採用、森の中にある温かみのある空間が出来ました。

 

 

この後、完了検査を受検後、引越しを行い、既存園舎の解体、外構工事へと進んでいきます。

全ての工事が完了した後、外観の竣工写真も撮影しますので楽しみにしていてください。

2018.10.22 Monday

和歌山市山口 幼保連携認定こども園設計・監理9

// 防水工事始りました //

 

今回2階のバルコニーに採用している防水はアスファルト防水という防水工法です。

 

アスファルトを溶かしたものを何度も塗り、アスファルトルーフィング、ストレッチルーフィングなどを貼り重ねて行きます。

最後に断熱材をのせ、押えコンクリートを施工します。

雨からも、寒さからも守られたスラブの完成です!

 

次は屋上の防水の施工状況の確認へ...     の途中に...

 

・・・

整理 + 整頓 + 清掃 + 清潔 + 躾!

ですね^^

 

" しつけ "

 

ですねー!

 

施工と設計との違いはあるかもしれませんが、私もものづくりをする者として身を美しく向き合って行きたいと思います。

 

 

こんな風に、いたるところに現場所長からのメッセージが散りばめられていました!

伝え方一つでもちょっと遊び心があるだけで受け取る側の気持ちが楽しくなります。

 

そしてやっと屋上の防水工事にたどり着きました^^

ここはシート防水です。

防水にも色々仕様があり、それに付随して材料や工程も変わります。

 

この写真は、雨水が防水層内部に入り込まないようにするための笠木をはめているところです。

 

さらに屋上にはこんな家のようなものが作られています!

これは配管、配線のための空間で通称’ハト小屋’と呼ばれています。

 

バランス良くあいた開口部や庇があることで本当に鳩が住んでいそうにみえてきます^^

 

設計図で書かれたものが立体になり、実際の空間へと作り上げられて行く過程に、たくさんの人の手が加わり、様々な分野の人が協力する現場の動きにはいつも見とれてしまいます。

 

そして丁寧で親切な施工者さんにはいつも感謝しています。

 

                                           環境建築計画 岡崎  

 

2018.10.10 Wednesday

和歌山市山口 幼保連携認定こども園設計・監理8

// 外壁が出来てきました //

 

今回外観は既存園舎に合わせた色彩を採用しています。

いよいよその姿があらわになって来ました。

 

 

// 内装工事も着々と //

 

耐火被覆材の施工を終え、LGS工事、ボード貼工事、大工工事、内装建具工事と進んでいます。

各教室の出入口は木製で作られます。

ここに通う園児が親しみを持ち、毎日この扉を開けるのが楽しくなるような建具が入る予定です。

 

2018.10.01 Monday

和歌山市和歌山城天守閣前売店 改修設計4

和歌山城天守閣前の売店が市報わかやまにて紹介されています。

店名も決定!「お天守茶屋(おてんすちゃや)」としてオープンしていますので、是非行ってみてください。

 

2018.09.27 Thursday

和歌山市山口 幼保連携認定こども園設計・監理7

// 鉄骨耐火被覆について //

 

この認定こども園は主要構造部を耐火構造にする必要があります。

その為、鉄骨の骨組みを火災時の温度上昇から守るために耐火性・断熱性の高い材料で梁・柱を被覆しなければなりません。

 

写真は耐火被覆材であるロックウールが吹き付けられているところです。

 

写真の中央部につけられているブルーのピンは吹付られたロックウールの厚みを確認する為のもので、これで規定以上の厚みで被覆材が吹き付けられていることを確認することができます。

 

 

// 外壁工事・アルミサッシ工事//

 

外壁材の下地が貼られ、アルミサッシもすべて取付きました。

随分と建物らしくなってきました。

Powered by
30days Album
PR