ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 和歌山市土佐町の家 住宅設計・監理1 | main | 建築設計のためのBIM活用講習会 >>
2015.02.25 Wednesday

逃げ地図プロジェクト(日本建築家協会和歌山地域会主催)

今週月曜日に日本建築家協会和歌山地域会が進めている逃げ地図プロジェクトに参加してきました。

日本建築家協会和歌山地域会の災害対策委員会が社会貢献事業の一環として進めている事業です。
災害対策委員会は「地震や津波に強いまちづくり」をスローガンに逃げ地図プロジェクトの他にも、木造仮設住宅・耐震改修事業・自治体との災害時支援協定等を行っています。

<逃げ地図プロジェクトとは?>
南海トラフ地震を見据えて地震発生と同時に予測される津波による人的被害を出来るだけ防ぐために、和歌山県の沿岸部の各地域において浸水想定地域の外にまで逃げるための所要時間を地図上に落としたものです。
完成した逃げ地図を各市町村に提供して防災の手段として役立ててもらうことを目的に進めております。

この日は海南市、有田市、湯浅町の逃げ地図を5班編成(1班3〜4人)で作成しました。
私の班が担当したのが、有田市南地区!
年末に講習に参加し、要領は分かっているメンバーが多いので作業はスムーズに進みました。
作成方法としては浸水地区から安全な避難場所への移動時間を色分けして示すというものです。

,泙此∀族了蓋が発表している浸水地区を地図に記入します。


避難目標ポイントを設定し、赤丸で記入します。
H鯑駝槁献櫂ぅ鵐箸謀綿癲43m/min)で3分以内に到達できる道路を緑色に塗ります。
※歩行者の歩行速度について → 徒歩移動が非常に困難な高齢者を想定し(歩行速度46m/分)、さらに勾配による歩行速度の低減率も考慮して、歩行速度を43分と設定



と鯑駝槁献櫂ぅ鵐箸謀綿癲43m/min)で3-6分で到達できる道路を黄緑色に塗ります。
ト鯑駝槁献櫂ぅ鵐箸謀綿癲43m/min)で6-9分で到達できる道路を黄色に塗ります。


θ鯑駝槁献櫂ぅ鵐箸謀綿癲43m/min)で9-12分で到達できる道路をオレンジ色に塗ります。
避難目標ポイントに徒歩(43m/min)で12-15分で到達できる道路を赤色に塗ります。
避難目標ポイントに徒歩(43m/min)で15分以上要する道路を3分ごとに順に青・紫・黒色に塗り完成。


この後、手書きの地図をデータ化していく作業へと進んでいきます。
データ化するのがかなり大変!
皆で協力して頑張らないといけません。

この逃げ地図は普段の生活で常に避難ルートを意識させたり、住民の避難訓練に使用したり、長期的な計画として施設の高台移転等の検討資料として使用できるなど、多くの可能性を持っているものだと感じました。
2017.11.09 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR