ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 桜満開 | main | 和歌山市 木造住宅 無料耐震診断2 >>
2020.03.08 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.04.26 Tuesday

応急危険度判定士

2月18日に受講した和歌山県地震被災建築物応急危険度判定士認定講習会で後日郵送だった登録証がやっと届きました。



応急危険度判定士資格とは、被災建物の余震等による倒壊の危険性、及び落下物の危険性等を判定し、その建物と敷地や周辺の建物の当面の使用可否を決めることにより二次的災害を防止することを目的としたものです。

今回の東日本大震災にも当てはまることですが、大地震発生後の救命・救急・消防活動と共に、建築行政の役割として、被災した建物の応急的な安全性の判定を迅速に行うために、体制整備を進めていく必要があるのではないかと思います。

2020.03.08 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR