ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.03.08 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.12.20 Friday

和歌山市 事務所ビル設計・監理9

(仮称)和歌山市事務所ビルの現場です。

火曜日に基礎コンクリートの打設を終え養生中でしたが、昨日圧縮強度試験による強度確認が出来たので本日より型枠の脱型を開始しています。
今日は脱型後の躯体をひと通り確認してきました。



躯体は部分的に補修が必要な箇所がありましたが、出来型に関しては問題なく施工されていました。
雨が続いていますが、年内鉄骨建方に向けて職人さんも頑張ってくれています。


土曜日は鉄骨の工場検査に行ってきます!!!
 
2013.12.12 Thursday

和歌山市 事務所ビル設計・監理8

(仮称)和歌山市事務所ビルの現場です。

今日は毎週の定例会議の為、現場に行ってきました。
現場は来週月曜日のコンクリート打設に向けて、型枠建て込み工事中です。




設備配管用のスリーブも施工済みです。
明日明後日と作業はまだかかるようなので、コンクリート打設前に再度かぶり厚さをチェックしに来ます。


会議後にはお施主さんを交えて、外壁に用いる軽量気泡コンクリートパネルの薄形パネルのサンプル色の検討も行いました。
一般的に使われるALCパネルより薄く、塗装がとても滑らかで緻密な塗膜のもので、トップ層の美しい仕上りが金属パネルにもみえるような素材です。
どんな外壁になるのか今からとても楽しみです。


色は決まったのですが少し時間もあるので、再度時間をおいて検討することとなりました。
2013.12.10 Tuesday

和歌山市 事務所ビル設計・監理7

(仮称)和歌山市事務所ビルの現場です。

昨日の夕方、基礎配筋検査を行ってきました。
雨が降りそうな天気で心配していましたが、なんとか持ちこたえてくれました。



それぞれ大きさの違う基礎・基礎梁の配筋状況、鉄筋の本数、鉄筋の径を細かくチェックしていきます。
比較的同型の基礎が多かったので、検査もスムーズに行えました。
職人さんも綺麗に丁寧に鉄筋を組んでくれています。


これは鉄筋系確認の一例です。
25と数字が刻印されています、異形棒鋼25φを表しています。
実寸測定して確認するのと同時に、このマークを探して確認を行うとダブルチェックにもなります。


配筋は指摘事項もなく無事終了、明日からは型枠工事へと工程をすすめ、週末には基礎コンクリートの打設です。
年内には鉄骨建方を行います、また今後の打合せでははサッシ、外壁、仕上げなど様々なものを最終決定します。
2013.12.06 Friday

和歌山市 事務所ビル設計・監理6

(仮称)和歌山市事務所ビルの現場です。

現場は地盤改良杭工事、捨てコンクリート打設を終え、現在ベースパック柱脚の施工中です。




現場にてベースパックの種類を全数確認しました。


その後、柱芯の寸法・境界からの寄り寸法を採寸にて確認しました。
ここで間違いがあると取り返しがつかないことになりますので、慎重に現場を確認しました。
明日からは基礎配筋工事へと工程を進めていきます。
2013.11.28 Thursday

和歌山市 事務所ビル設計・監理5

(仮称)和歌山市事務所ビルの現場です。

現場は先週より続く地盤改良杭工事中です。


今回行っている地盤改良は湿式柱状改良工法という工法で、軟弱地盤中にセメント系固化材をスラリー状にしたものを原地盤を円柱状に乱した中に注入しながら機械的に撹拌混合し、セメント系固化材の水和反応を利用して地盤中に柱状の固結体を構築し、地盤を補強する工法です。

言葉にすると難しいですが、簡単にいえば軟弱地盤を避け良好な地盤まで土の中にコンクリートの柱を造ってしまう方法です。
軟弱な地盤に建物を建てた場合、建物自体が下がってしまったり、傾いてしまったりするのを避けるためにこの工事を行います。 

今日はその土の中につくったコンクリートの柱、いわゆる改良杭の強度確認の試験をする為のコア供試体の採取状況の確認に行ってきました。

この採取したコア供試体で一軸圧縮試験を行い、杭の強度の合否を判定します。
建物の基礎を支えるさらにその下の部分で構造的に最も重要な部分なので、十分に注意して監理をしていかなければなりません。

という、今日は難しい話でした。
2013.11.22 Friday

和歌山市 事務所ビル設計・監理4

(仮称)和歌山市事務所ビルの現場です。
地中障害物の撤去を終え、約1週間ほど遅れましたが地盤改良杭工事へと工程が進みました。

結構な本数があるので、杭工事完了まで1週間。
年内の鉄骨建て方完了に向けて施工者さんには頑張ってもらってます。




余談ですが、現場正面には新調した弊社の設計監理の看板も取り付けられました。
なかなかイイ感じです。
2013.11.16 Saturday

和歌山市 事務所ビル設計・監理3

(仮称)和歌山市事務所ビルの現場です。
地鎮祭も滞りなくすみ、順調に地盤改良杭工事へと工程を進めたかに思えましたが...。

一転、施工業者さんより「杭が入らない」との連絡があり現場に直行してきました。


地中から大量の障害物が...。
まあ、良くあることですが、ここまで大量で大規模なものはあまりみた事がありません。
これは結構な規模のL型擁壁、長さも相当な長さがありました。




次から次へと杭やらコンクリートの塊やら、レンガやら、一体どうなるのかと思いましたが、お施主様にも立会いただきすべて撤去の方向で進む事が決定!
一安心です。

工程は少し遅れてしましましたが、これからこの遅れを取り戻すようにしっかりと監理を行っていきます。
2013.11.13 Wednesday

和歌山市 事務所ビル設計・監理2

兼ねてより設計していました(仮称)和歌山市事務所ビルが確認申請の許可もおり、施工業者さんも決定しましたので、いよいよ着工します。
 
建物は某メーカーさんの新社屋で、1階にはショールーム・会議室等、2階は事務作業を行う場所になります。
2階建ての鉄骨造で、平面的にも立面的にも単純な形状ではありますが、正面のファサード・窓廻りのディテールに少し変化を加えた建物です。
これから、少しずつですが、現場の様子をレポートしていきたいと思います。

先日位置出しを行い、昨日地鎮祭を行いました。
祭典時には小雨が降り、肌寒い中での地鎮祭となりました。


年度内に竣工予定の為、急ピッチに工事を進めなければなりません。

工事車両が入ったり、材料が搬入されたりで、この広々とした風景ともしばしお別れです。
2013.08.12 Monday

和歌山市 事務所ビル設計・監理1

和歌山市内で事務所ビル設計・監理の仕事が始まりました。
6〜7月で基本設計を完了し、現在実施設計の真っ最中です。
鉄骨造でシンプルな外観ですが、難しい納まりの部分もあり頑張って図面を書いています。
末に確認申請を提出し、業者見積りを行い、着工という流れになります。



また、おってブログでも紹介していきます。
Powered by
30days Album
PR